「今回だいげんか」は何気無い経路を作ったような気がしていらっしゃる。

「今回だいげんか」は何気無い経路を作ったような気がしていらっしゃる。

手っ取り早いもので、我が家の長男も二十五歳になり、長女も導入し、二男は異国を遊学しています。二男は小学生のはじめ年生で空手を始め、一所懸命がんばり、小六のときに国中三等にまでなりました。わが方のうりではなく、書きたいのは二男が空手を始めた関係なのです。長女が小三、二男は小はじめのところでした。ケンカばっかりしていました。たまには激化し、取っ組み合いになります。こどもの取り得手並みは足蹴りでした。おけつを階層に着けて、両足として二男にキックを吹き付けるのです。二男は一度も勝てませんでした。悔しさが募ったのでしょう。ある日、近くの体育館で空手の成長を見ていたそうです。二男の心の中に「姉ちゃんに勝ちたい」という思いが膨れ上がってきたようです。翌日その空手一団に同士を単独連れて入ったのです。二男の光栄のために書きますが、彼氏が空手を通して一度も長女に手を出しませんでした。通う顧客が変わったのでしょう。二男は空手の遊戯に勝つためだけに努力するようになったのです。始めた関係は「姉ちゃんに勝ちたい」でしたが「益々強くなりたい」という思いに変わって行ったようです。ただし、むしろ小学校時代はもっと長女に泣かされていました。口喧嘩で一度も勝ったことが無かったのでした。目の下の印象が変わります